shindan2





雇用形態の違い



派遣社員の場合



派遣社員とは労働者派遣法に沿って、派遣元事業主と雇用契約を結び、派遣先事業主に派遣された労働者のことを言います。
フリーランスといった業務請負とは異なり、派遣先事業主の指揮命令に従って働きます。
正社員やパート、アルバイトが直接雇用と呼ぶのに対し、派遣社員は間接雇用と呼び、派遣先事業主にとっては必要な時に必要な人材を必要な期間だけ確保することができるので最近はこの雇用形態をとる企業が増えています。

派遣社員には3種類あります。

①特定派遣
雇用の安定した常用雇用労働者のみを派遣の対象とします

②一般派遣
登録型で、臨時や日雇いといった労働者を派遣するものです

③紹介派遣
一定期間派遣先企業での就労後に派遣先企業と派遣労働者の合意のもと、派遣先企業へ就職することを前提としたものです。


派遣社員のメリットには給与水準がアルバイトやパートと比べて高いことや自分の得意分野やキャリアを活かした業務に就けること、人間関係などに縛られにくい、などがあります。




では次は 契約社員の場合 です。










→トップページに戻る